口の中の歯周病が女性に多くなる理由と改善方法

口の中の歯周病が女性に多くなる理由と対処方法について

口の中の歯周病が女性に多いに理由と改善方法 
口の中の歯周病と女性の関係についてです。

 

歯周病というと、これだけたくさんの歯科さんがあるのにも関わらず、増えている口の中の病気です。

 

人口でいうと330万で減る傾向を見せません。

 

高齢の人が増えてきている、ということも理由になりますが、逆に虫歯の人の数は減っているのに、この病気が増えてるということは別な理由が考えられます。

 

そして女性の人に多くなっています

 

歯医者さんが多い、その影響もあって虫歯の人の数は減ってきている、でも歯周病は増えている、そして女性に多い、ということです。

 

口の中の病気を減らすにはハミガキという「予防」がものをいうので、その影響もあって虫歯の人の数も減ってきていることになりますが、歯周病に関しては少し違う理由があります。

 

なぜ女性にこの病気が多くなるのか、その理由と対策方法についてお伝えします。

 

 

関連 40代女性の口臭で歯周病の臭い原因と対策方法は?

 

 

口の中の歯周病が女性に多くなる理由はホルモンの影響?!

口の中の歯周病が女性に多いのは女性ホルモンが影響している 
女性に歯周病になる人が多くなるのは、歯磨きをしっかりしている人が少ないということではなくて、女性ホルモンの影響が大きいといえます。

 

普通に考えると、あまり関係性がないように思いますが、とても深く関係しているのが女性ホルモンです。

 

歯周病菌はP.g.菌、T.f.菌、Td.菌、P.i.菌、A.a.菌、などと分けることができますが、10種類ぐらいの菌がいることが分かっています。

 

この菌の中に女性ホルモンを好む菌がいて、その影響から菌が活発な働きになり、病気にさせるリスクが上がるとういことです。

 

女性ホルモンの分泌に変動があるときに、この病気になりやすいキッケカがあることになります。

 

女性ホルモンは、女性らしい体を作るエストロゲン、妊娠に必要なプロゲステロンという2つのホルモンを持っています。

 

これらのホルモンは男性と違い、非常に乱れやすい特徴を持っています。

 

その乱れは思春期、月経、妊娠期、更年期に乱れを大きくさせます。

 

その乱れの時期に合わせるように、女性の人に歯周病が多くなっています。

 

この病気が悪化すると「完治」ということが難しく、長い通院を求めらられるようにもなります。

 

病気になって出血をすることで悪化が加速することになるので、そうなる前に予防したいものです。

 

病気になって一度ハグキなどが痩せると、手術などをしないと元に戻らなくなるので、女性としては、好ましくない病気になります。

 

これは歯周病だけではなく、口の乾燥や味覚異常など口のトラブルのほとんどが女性です。

 

そのカゲに女性ホルモンの影響がチラつかせています。

 

 

女性の口の中の歯周病を対策方法はハミガキと歯磨き粉!

女性の歯周病を予防するにはハミガキの仕方と歯磨き粉を変えること 
歯周病というと女性特有のものではなく、男性でもこの病気になりますが、この病気にさせる菌は誰でも持っていることになるので、そうならないためにも予防が大事な要素になります。

 

感染症の一つで全世界の人が持っている菌、といってもいいくらい人の口の中にいます。

 

そのため菌を完全に除去させることは難しいのですが、働きを活発にさせないための対策が必要になってきます。

 

単体では弱いもので、口の中いいてもさほど影響を与えませんが、増えることで影響が大きくなります。

 

その増えるキッカケになることを、どこかで見逃していることで増えるので、小さなことですが細かいケアが必要になります。

 

この菌自体は酸素を嫌うために、舌や粘膜などにいるのではなく、歯とハグキの隙間に潜り込んで活動を待っています。

 

歯周ポケットと呼ばれる、隙間を好むわけです。

 

そしてこの病気の完治を一番難しくしているのが、バイオフィルムというバリアを作ってしまうことです。

 

菌はどの菌も、このバイオフィルムとうバリアを形成させながら増えますが、掃除のしていない排水口がヌルヌルしていること、というとイメージができると思います。

 

どの菌もそのようなバリア的なものを形成して増やしていきますが、歯周病菌の場合は少し変わったバリアになります。

 

最初はヌルヌルしていますが、これを歯垢と呼びます。

 

これが数週間で歯石と呼ばれる、石のように固くなる性質を持っています。

 

こなってしまうと、石のようになった菌のかたまりを歯ブラシだけで、取り除くことが100%無理になってきます。

 

そのよう特徴を持つバイオフィルムなので、そうさせないためにも歯石になる前の歯垢の前の状態からのケアが必要になってきます。

 

特に歯ブラシで注意したい場所は「歯の隙間」ということになります。

 

隙間の歯ブラシだけではなく、正しいハミガキをすることで菌を除去させる数が変わります。

 

 

そして歯周病と診断されたら歯磨き粉の見直しです。

 

歯磨き粉選びのポイントは、余計な添加物が添加されていないものです。

 

歯周病を予防する歯磨き粉には、多くの薬品や添加物等などが添加されています。

 

薬品や添加物がいけないとうことではなく、口の中には歯を溶かす虫歯菌、ハグキや歯をダメにする今回のような歯周病菌、だけではなくその他に400種類以上の、他の働きをする菌が口の中にいます。

 

すべてが悪い菌ではないとうことです。

 

逆に虫歯菌や歯周病菌を抑える善玉菌の仲間も口の中にいます。

 

この菌のバランスに影響を与えてしまうのが薬品関係ということになります。

 

薬をたくさん使用すれば、確かに菌が除去できますが、たくさん使用できない理由もあるので強い薬は、よぼどのことがない限り病院でも使用しないはずです。

 

そのような事も気にかけながら歯磨き粉も選んでみて下さい。

 

口の中の病気は、歯科というよりも普段からのケアの方法が重要になります。

 

 

おすすめ

スポンサードリンク


関連ページ

口の中が変な味がして臭い!女性の口のトラブル解決方法
口の中が変な味がして臭い!女性の口のトラブル解決方法。女性の人はつわりなどで舌の味が変に感じることもありますが、それ以外の場合は舌そのものか、味を伝達する神経かに何らかの原因があることになります。その原因と解消方法についてお伝えしています。
ジンジバリス菌のケアと女性の歯周病の対策におすすめのもの
ジンジバリス菌のケアと女性の歯周病の対策におすすめのものにつてです。ジンジバリスは歯周病菌のことで悪臭を放ち口臭の原因にもなります。ただの菌ではなく体の中まで侵入して悪さをする菌です。この菌の特徴や女性に歯周病が多い理由などもお伝えしています。
口のねばつきを感じる女性の口の中の原因と改善方法
口のねばつきを感じる女性の口の中の原因と改善方法についてです。口の中がネバネバするのは2つの原因があって口が乾燥によって菌が増えるものと唾液そのものがねばつきをさせるものと原因が分かれます。どのような事かその原因と解消方法についてお伝えします。
口のねばつきに歯磨き粉で女性が驚いた効果のあるもの
口のねばつきに歯磨き粉で女性が驚いた効果のあるものについてです。歯磨き粉はたくさんの種類がありますがネバネバに対応したものとなると数が少なくなりますが、その症状に最も効果的な歯磨き粉を紹介します。珍しい商品ですがどのようなものか参考にして下さい。
口の中に臭い玉ができる原因と女性の口臭予防について
口の中に臭い玉ができる原因と女性の口臭予防について。臭い玉というのは膿栓というもので白い玉のような形をして悪臭を放つようになります。ドブ臭いなどの特徴のある臭いで口臭の原因になります。その臭い玉の特徴と予防の方法についてお伝えします。
口の中が渇くし口臭もする女性の悩み原因と対策方法!
口の中が渇くし口臭もする女性の悩み原因と対策方法!です。口が乾燥すると口臭になるのは口の中に臭いをだす菌が増えるためです。唾液の分泌量が少ないことで舌や口腔内全体に菌が広がるために口から臭いがでやすくなります。どのような対策があるのかお伝えします。
口の中が渇くし口臭がする女性に多い口のトラブル原因と解消方法
口の中が渇くし口臭がする女性に多い口のトラブル原因と解消方法についてです。口が乾燥しやすい女性は多く女性ホルモンやストレスの影響が大きいといえます。口が渇くことで臭い菌が増えるので口臭を発生させるようになりますがその詳細をお伝えしています。
口の中がネバネバする女性に多い原因と対策方法まとめ
口の中がネバネバする女性に多い原因と対策方法まとめについてです。ネバネバするのは菌によるもの唾液の分泌に関わるもの2つに分けることができます。このどちらかが原因でネバネバするはずです。その原因と対策方法をまとめていますので参考にして下さい。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 口臭チェック 女性の口臭 体臭について