ジンジバリス菌のケアと女性の歯周病の対策と口臭

ジンジバリス菌のケアと女性の歯周病予防について

ジンジバリス菌のケアと歯周病について 
ジンジバリス菌というのは歯周病菌のことで、正確にはポルフィノモナス・ジンジバリスといいます。

 

歯周病の代表的な菌のことをいいます。

 

この菌には毛が生えていて、それがしっかりとハグキなどに絡みつくために取り除くことが難しくなります。

 

嫌気性菌といって酸素を苦手としますので、その酸素が少ない場所に住み着くようになります。

 

場所でいうと歯の隙間ということになります。

 

実は歯周病は男性よりも女性の方が多く、この病気で悩まれている方は多いと言えます。

 

強い悪臭も放ちますので口臭の原因になることもありますが、口の臭いや口の病気だけで終わらない性質を持っています。

 

今回はそんな歯周病の代表格のジンジバリスと、それらの仲間のケアにおすすめできるものについてお伝えします。

 

 

ジンジバリス菌のケアでおすすめできる歯周病対策商品とは?

マスティック&アロマ 
現在、歯科で治療をしている人は多いと思いますが、そのケアでおすすめできるのがマスティックという歯磨き粉になります。

 

先に特徴だけを伝えると、マスティックというのは木の樹液から取れる成分のことを指しています。

 

どの木からも取れるわけではなく、一定の場所でしか取ることのできない貴重な樹液になります。

 

残念ながら日本には、その木はありませんが唯一、ヒアス島(キアス島)という場所で取ることができます。

 

場所でいうとギリシャのエーゲ海という場所になります。

 

日本からかなり遠くにありますが、そこからこの樹液を日本に輸入して歯磨き粉にしたのが今回のマスティック&アロマという歯磨き粉です。

 

世界的にはすでに有名なもので各国の医療の現場などでも活躍している木の樹液になります。

 

当初はピロリ菌などからくる胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者で使用して研究がされていましたが、これがかなりの確率で良くなったことで世界的に有名な医学雑誌の「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシンでその効果が発表され、世界に広まったという樹液です。

 

手術用の糸から傷薬など幅広く薬として使用されています。

 

今はガン細胞、消化器、抗菌などの論文などがたくさんでています。

 

ピロリ菌というのは胃の中でも生きていける特殊な菌で胃がんの原因になることでも、知っている人は多いかもしれません。

 

感染は井戸水などと言われています。

 

胃の中でも生きていける菌なのでとても強い菌ですが、歯周病菌と同じグラム陰性菌なので歯磨き粉にすることで同じアプローチができるということです。

 

不思議な性質を持っている樹液で、菌すべてにアプローチをするのではなく、人間にとって必要のない菌にしかアプローチをしません。

 

口腔内には歯周病菌などを抑えている菌もいますが、それらには無害という素晴らしい特徴を持っています。

 

薬の場合はすべを殺菌、抗菌などをしていきますが、それがない歯磨き粉ということになります。

 

そしてジンジバリスに限らず歯周病の完治を遅らせるのがバイオフィルムというバリアになります。

 

このバリアも破壊するようなことがマスティックで確認されています。

 

今まで使用していたもので、あまり満足のいかなかった人には試してもらいたいものと言えます。

 

 

ジンジバリス菌の特徴と女性に歯周病が多い理由について

歯周病ジンジバリスの特徴と女性に歯周病が多い理由 
先ほども少しだけ触れましたが、ジンジバリス菌は仲間が増えることで活動が活発になりハグキに炎症を起こしていきます。

 

その炎症の出血によって一気に数が増えていきます。

 

吸血鬼のような菌で血液によってさらに元気になるようなイメージです。

 

それだけで終わるのではなく、その出血したところから体の内部に入り込もうとします。

 

そこで毒素をだしながら血栓といって、血の塊を作りやすくさせるものを吐き散らしながら肝臓などに達します

 

そのため心筋梗塞や脳卒中などの病気の原因になるといわれています。

 

血液中には免疫がいますが、そこから生き残った菌が肝臓に到達すると炎症などを起こして肝炎という肝臓の炎症などを起こしていきます。

 

アルコールを飲んでいないのに肝臓が炎症を起こす原因にもなるということです。

 

そして女性に歯周病が多くなるのは女性ホルモンの働きが影響されていると最近の研究で分かってきました。

 

女性ホルモンが、ある特定の歯周病菌を増殖させたり、炎症を悪化させる作用があるということです。

 

歯周病菌で女性ホルモンを好む菌がいることになります。

 

まだ正確なことは分かっていませんが、特にホルモンバランスが崩れやすい思春期、妊娠、出産、更年期には注意が必要になります。

 

治りづらい病気なので早めに手をうつことで症状を軽くすることができるようになります。

 

 

おすすめ

スポンサードリンク


関連ページ

口の中が変な味がして臭い!女性の口のトラブル解決方法
口の中が変な味がして臭い!女性の口のトラブル解決方法。女性の人はつわりなどで舌の味が変に感じることもありますが、それ以外の場合は舌そのものか、味を伝達する神経かに何らかの原因があることになります。その原因と解消方法についてお伝えしています。
口のねばつきを感じる女性の口の中の原因と改善方法
口のねばつきを感じる女性の口の中の原因と改善方法についてです。口の中がネバネバするのは2つの原因があって口が乾燥によって菌が増えるものと唾液そのものがねばつきをさせるものと原因が分かれます。どのような事かその原因と解消方法についてお伝えします。
口のねばつきに歯磨き粉で女性が驚いた効果のあるもの
口のねばつきに歯磨き粉で女性が驚いた効果のあるものについてです。歯磨き粉はたくさんの種類がありますがネバネバに対応したものとなると数が少なくなりますが、その症状に最も効果的な歯磨き粉を紹介します。珍しい商品ですがどのようなものか参考にして下さい。
口の中に臭い玉ができる原因と女性の口臭予防について
口の中に臭い玉ができる原因と女性の口臭予防について。臭い玉というのは膿栓というもので白い玉のような形をして悪臭を放つようになります。ドブ臭いなどの特徴のある臭いで口臭の原因になります。その臭い玉の特徴と予防の方法についてお伝えします。
口の中が渇くし口臭もする女性の悩み原因と対策方法!
口の中が渇くし口臭もする女性の悩み原因と対策方法!です。口が乾燥すると口臭になるのは口の中に臭いをだす菌が増えるためです。唾液の分泌量が少ないことで舌や口腔内全体に菌が広がるために口から臭いがでやすくなります。どのような対策があるのかお伝えします。
口の中が渇くし口臭がする女性に多い口のトラブル原因と解消方法
口の中が渇くし口臭がする女性に多い口のトラブル原因と解消方法についてです。口が乾燥しやすい女性は多く女性ホルモンやストレスの影響が大きいといえます。口が渇くことで臭い菌が増えるので口臭を発生させるようになりますがその詳細をお伝えしています。
口の中がネバネバする女性に多い原因と対策方法まとめ
口の中がネバネバする女性に多い原因と対策方法まとめについてです。ネバネバするのは菌によるもの唾液の分泌に関わるもの2つに分けることができます。このどちらかが原因でネバネバするはずです。その原因と対策方法をまとめていますので参考にして下さい。
口の中の歯周病が女性に多くなる理由と対策について
口の中の歯周病が女性に多くなる理由と対策についてです。歯科がたくさんあるのに女性に歯周病が多くなるのは女性ホルモンとの深い関係があります。そのため予防やケアが大事な要素になりますがそのケア方法と正しいハミガキと歯磨き粉の選び方などをお伝えします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 口臭チェック 女性の口臭 体臭について