口の中に臭い玉ができる原因と口の臭い対策方法

口の中に臭い玉ができる原因と女性の口の臭い予防について

口の中の臭い玉と口臭について 
臭い玉というものを聞いたことがあるでしょうか?

 

言葉からして臭いがありそうなフインキがありますが、そのままで臭いのある玉のことをいいます。

 

代謝が活発な子供から20代ぐらいまでの人が多いのですが、年代に関係なくこの玉ができることで口臭の原因になることがあります。

 

案外見落としがちになるもので、痛いや違和感があるなのどの自覚症状がなく、ただクサイ臭いを発生させるようになります。

 

臭いもドブ臭いような、下水のような臭いに例えられることが多く、その玉を潰すとさらに悪臭が強化されるようになります。

 

病気だからできるのではなく自然な体の反応から口の中の奥にできるものです。

 

女性でもあり得る口の臭い原因になりますので、どのようなものなのかその特徴と予防についてお伝えします。

 

 

口の中に臭い玉ができる原因はウイルスや細菌によるもの

 

臭い玉というのは、喉の扁桃腺の当たりにできるもので、正式には膿栓(のうせん)と呼ばれるものになります。

 

白い丸い形をしたのが特徴で、とても強い悪臭を発生させます。

 

その白い正体は菌の残骸で、外から体に侵入してきた菌とそこで体の免疫が戦い、負けた菌の残骸がそこに溜まることで白く丸い形になっていきます。

 

扁桃戦には多くの免疫が集結していますので、そこにたまりやすいということです。

 

膿と同じよなものです。

 

その玉ができることで悪臭にはなりますが、潰すことでさらに臭いが強くなります。

 

自分でも確認することができるので、口臭が気になる人はカガミで確認することをおすすめします。

 

喉を大きく開けるような感覚で口を大きく開けてノドの両脇を確認してみて下さい。

 

何もなければ、さほど気にすることはありませんが、気になる人は耳鼻科で確認することができ、またあったとしてもすぐに取ってもらうことができるの安心できると思います。

 

保険が適用になるので、安く済ませることができます。

 

ただ、中にはできやすい人がいて、取ってもまたすぐに臭い玉が出来やすい人がいます。

 

こうなるといつ口臭が発生するのか落ち着かないようなことになると思います。

 

できやすいのには理由があって、体質的なもので免疫が以上に反応することがありますが多くは外部からの影響が大きいといえます。

 

その場合はそのままにしていても臭い玉ができるのは待つだけになってしまうので、何かしらの予防をしたいところだと思います。

 

どのような予防方法があるのか次にお伝えします。

 

 

口の中の臭い玉を予防するのは掃除とうがいの徹底!

口の中の臭い玉は掃除とうがいの徹底で予防できる 
臭い玉ができるのは外部からのウイルスや細菌が扁桃腺を多く通ることで、それに免疫が反応してしまうことで菌の残骸が多くなります。

 

そのウイルスや細菌がいなければ臭い玉ができないということです。

 

分かりやすくいうと無菌状態で生活を送ることができれば何もできないことになります。

 

その外部から影響が多く、その原因の1つになっているのがホコリやチリです。

 

ホコリにやチリには多くのカビの菌やら細菌がついています。

 

時間を長く過ごす場所がカビや菌が多いことで、それらを吸気してしまうと臭い玉ができやすくなります。

 

予防としては部屋中の掃除ということになります。

 

車を使用する人は車の中や、その環境に長くいる場所の徹底した掃除が最大の予防方法になります。

 

ホコリやチリは見えないところに潜んでいますので、棚の後ろやその他の隙間などをしっかりと掃除します。

 

目で確認できないホコリなどは、ちょっとした風などで空気中に多く浮遊するようになります。

 

極端にいうと、そのホコリやチリを24時間取りこみ続けているようなイメージです。

 

掃除はキレイにするだけではなくそのような臭い玉の予防にもなるので最初に掃除の徹底ということになります。 
掃除はキレイにするだけではなくそのような臭い玉の予防にもなるので最初に掃除の徹底ということになります。

 

それ以外でいうと口の中にいる菌の影響も多少ありますが、多くは吸気する空気中に漂うものに問題があります。

 

ですので、空気の悪いところで生活することでも臭い玉はできやすいということです。

 

掃除以外の予防では、うがいをすることが予防方法になります。

 

環境の良い場所であればあまり気にする必要はないと思いますが、風邪の予防にもなるので、外出して帰宅したらうがいをすることをおすすめします。

 

うがい薬があれば、それを使用するだでもかなりの予防ができることになります。

 

水だけでも効果はあります。

 

また、花粉症のように免疫が異常に外部からのものに対して反応することでも臭い玉はできやすくなります。

 

この件については、また今度詳しくお伝えしたいと思いますが、腸内の環境を整えることがポイントになります。

 

まとめると掃除とうがいが臭い玉を予防する方法になります。

 

口の中にそのようなものがなくても、できないように予防することで口臭になるパーセンテージを下げることができます。

 

口臭の原因が分からないときなど、見つかりやすいケースもあるので少しだけ注意してみましょう。

 

スポンサードリンク


関連ページ

口の中が変な味がして臭い!女性の口のトラブル解決方法
口の中が変な味がして臭い!女性の口のトラブル解決方法。女性の人はつわりなどで舌の味が変に感じることもありますが、それ以外の場合は舌そのものか、味を伝達する神経かに何らかの原因があることになります。その原因と解消方法についてお伝えしています。
ジンジバリス菌のケアと女性の歯周病の対策におすすめのもの
ジンジバリス菌のケアと女性の歯周病の対策におすすめのものにつてです。ジンジバリスは歯周病菌のことで悪臭を放ち口臭の原因にもなります。ただの菌ではなく体の中まで侵入して悪さをする菌です。この菌の特徴や女性に歯周病が多い理由などもお伝えしています。
口のねばつきを感じる女性の口の中の原因と改善方法
口のねばつきを感じる女性の口の中の原因と改善方法についてです。口の中がネバネバするのは2つの原因があって口が乾燥によって菌が増えるものと唾液そのものがねばつきをさせるものと原因が分かれます。どのような事かその原因と解消方法についてお伝えします。
口のねばつきに歯磨き粉で女性が驚いた効果のあるもの
口のねばつきに歯磨き粉で女性が驚いた効果のあるものについてです。歯磨き粉はたくさんの種類がありますがネバネバに対応したものとなると数が少なくなりますが、その症状に最も効果的な歯磨き粉を紹介します。珍しい商品ですがどのようなものか参考にして下さい。
口の中が渇くし口臭もする女性の悩み原因と対策方法!
口の中が渇くし口臭もする女性の悩み原因と対策方法!です。口が乾燥すると口臭になるのは口の中に臭いをだす菌が増えるためです。唾液の分泌量が少ないことで舌や口腔内全体に菌が広がるために口から臭いがでやすくなります。どのような対策があるのかお伝えします。
口の中が渇くし口臭がする女性に多い口のトラブル原因と解消方法
口の中が渇くし口臭がする女性に多い口のトラブル原因と解消方法についてです。口が乾燥しやすい女性は多く女性ホルモンやストレスの影響が大きいといえます。口が渇くことで臭い菌が増えるので口臭を発生させるようになりますがその詳細をお伝えしています。
口の中がネバネバする女性に多い原因と対策方法まとめ
口の中がネバネバする女性に多い原因と対策方法まとめについてです。ネバネバするのは菌によるもの唾液の分泌に関わるもの2つに分けることができます。このどちらかが原因でネバネバするはずです。その原因と対策方法をまとめていますので参考にして下さい。
口の中の歯周病が女性に多くなる理由と対策について
口の中の歯周病が女性に多くなる理由と対策についてです。歯科がたくさんあるのに女性に歯周病が多くなるのは女性ホルモンとの深い関係があります。そのため予防やケアが大事な要素になりますがそのケア方法と正しいハミガキと歯磨き粉の選び方などをお伝えします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 口臭チェック 女性の口臭 体臭について