口のねばつきに歯磨き粉で効果のある女性におすすめのもの

口のねばつきに歯磨き粉で女性も驚く効果のある商品とは

口のねばつきに効果のある歯磨き粉 
口がねばつき、困っているという女性は多いと思います。

 

いつもネバネバしているや、朝起きると特にひどい、何度も歯磨きをしても良くならない、突然そのように感じた、などその人によって変わりますが「ねばつき」があるのは共通しています。

 

口が気持ち悪く中には口臭を感じている人もいます。

 

そのねばつきに「歯磨き粉で何か効果のあるものはないの?」

 

とのことでネバネバに効果のある歯磨き粉の紹介です。

 

年代はあまり関係なくなっている感じもしますが、この症状は女性に多いようにも感じています。

 

加齢により、ねばつく人は多いですが、今は若い人でもそのようになる人が多いということです。

 

どのような歯磨き粉がいいのかお伝えします。

 

 

関連 口のねばつきを感じる女性の口の中の原因と改善方法

 

 

口のねばつきに歯磨き粉でおすすめはマスティック&アロマ

口のねばつきに歯磨き粉でマスティック&アロマ 
口のねばつきの歯磨き粉でおすすめできるのがマスティック&アロマという歯磨き粉です。

 

一言でいうと口の中のトラブルには何でもという言葉が当てはまります。

 

炎症、歯周病、虫歯、口臭、ネバネバなどの予防と対策ができる歯磨き粉です。

 

歯磨き粉の種類はたくさんの種類がありますが、ネバネバ対策でいうとナタマメ、アセス、プロポリス、などがありますが、これらをすべて総合させたような働きを見せます。

 

働きの幅が広いということです。

 

商品名にもなっている「マスティック」ですが聞いたことがある人は、そんなにいないかもしれません。

 

マスティックは日本にはない成分だからです。

 

日本にはない成分が使用されていますが、世界的に有名なもので医療の現場や薬として使用されています。

 

薬のように聞こえてしまいますが、薬ではなく木から取れる樹液の成分になります。

 

木の樹液というと、森林にいくとたくさんあることになりますが、ある島でしか取れない貴重な木の樹液になります。

 

マスティックは特定の場所でしか取ることができない 
場所はギリシャ方面のエーゲ海に浮かぶヒアス島(キオス)という場所でしか入手ができない木の樹液になります。

 

不思議な力を見せることから現地では「キリストの涙」といわれています。

 

世界的に有名な医学雑誌のニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスンでこのマスティックが論文にされたことで有名になった成分です。

 

雑誌自体はすべて英語ですが日本語版もでています。

 

すでにかなり昔から研究がされていて、当時の研究では十二指腸潰瘍の人にマスティックを使用して確認したところ2週間ぐらいで改善され、胃潰瘍の人に試すとわずか1週間ぐらいで全員が良くなり、その後の内視鏡の検査で、ほとんどの人が「胃潰瘍などが治っている」ということで有名になりました。

 

人の胃の中でも生きていけるピロリ菌を抑えるのに、プロポリスなども効果をみせますが、マスティックの強さはそれの20倍ぐらいの強い作用があることが日本の大学でも確認されています。

 

抗ピロリ菌作用はとても有名です。

 

20世紀から現地の人は口の中で使用され、医療では手術用の糸、歯磨き粉、消毒の薬、炎症を抑える薬、など世界で使用されているのでどのくらいいいものか想像がつくと思います。

 

ネバネバさせる強力な菌が逃げ出す力を持っていることになります。

 

 

口のねばつきに歯磨き粉マスティックの特徴とは

マスティックの特徴について 
最初にネバネバの原因を簡単に説明すると、口のねばつきは口の中にいる菌が最終的に多くなることでねばつくようになります。

 

普通に歯磨きしただけでは、取れないのが口の中にいる菌の習性です。

 

ねばつくということは、バイオフィルムというバリアを菌が作っていることで、そのバリアがネバネバさせるようになります。

 

口にはいろんな種類の菌がいますが、歯周病菌でいうと分かりやすいと思います。

 

最初はねばつく物質をだして歯垢という比較的柔らかい状態ですが、時間がたつと歯石といって、とても硬いものに変化していきます。

 

菌も簡単に歯磨きなどで取り除かれないように生きる知恵を身に着けていることになります。

 

口の中以外でも数週間、台所を掃除していないと「ヌルッ」としたものを確認したことがある人は多いと思います。

 

菌が増えると、そのような「ヌルッ」としたものだしながら仲間を増やしていくことになります。

 

口の中にいる細菌はバイオフィルムを発生させていてそれがネバネバの原因になっている 
そのバリアはバイオフィルムというもので、歯磨き粉で破壊させるには難しいものがありますが、マスティックはそのバリアまでもアプローチをしていくという作用を見せます。

 

そのため、ねばつきが改善されやすいということです。

 

バリアだけではなく、菌そのものを強力にアプローチしていくので鬼に金棒のような状態です。

 

歯周病などで出血をして炎症があれば、その炎症にもアプローチをしてなど口の中すべてを掃除するような歯磨き粉です。

 

最大の特徴は、必要な菌にしか作用しないという特徴を持っています。
口には、そのネバネバさせる菌を抑えている必要な菌もいます。

 

その菌には無反応で、必要としない菌にだけ働きかけるという優れた特徴を持っています。

 

日本にはない成分なので輸入して取り寄せ、日本のメーカーさんが加工していることになります。

 

歯磨き粉にありがちな余計な原価物などが一切に配合されていなく、その変わりそれをカバーうするためにハーブが配合されているので、とてもいい香りがします。

 

口のねばつきの歯磨き粉では最強といえます。

 

 

 

おすすめ

スポンサードリンク


関連ページ

口の中が変な味がして臭い!女性の口のトラブル解決方法
口の中が変な味がして臭い!女性の口のトラブル解決方法。女性の人はつわりなどで舌の味が変に感じることもありますが、それ以外の場合は舌そのものか、味を伝達する神経かに何らかの原因があることになります。その原因と解消方法についてお伝えしています。
ジンジバリス菌のケアと女性の歯周病の対策におすすめのもの
ジンジバリス菌のケアと女性の歯周病の対策におすすめのものにつてです。ジンジバリスは歯周病菌のことで悪臭を放ち口臭の原因にもなります。ただの菌ではなく体の中まで侵入して悪さをする菌です。この菌の特徴や女性に歯周病が多い理由などもお伝えしています。
口のねばつきを感じる女性の口の中の原因と改善方法
口のねばつきを感じる女性の口の中の原因と改善方法についてです。口の中がネバネバするのは2つの原因があって口が乾燥によって菌が増えるものと唾液そのものがねばつきをさせるものと原因が分かれます。どのような事かその原因と解消方法についてお伝えします。
口の中に臭い玉ができる原因と女性の口臭予防について
口の中に臭い玉ができる原因と女性の口臭予防について。臭い玉というのは膿栓というもので白い玉のような形をして悪臭を放つようになります。ドブ臭いなどの特徴のある臭いで口臭の原因になります。その臭い玉の特徴と予防の方法についてお伝えします。
口の中が渇くし口臭もする女性の悩み原因と対策方法!
口の中が渇くし口臭もする女性の悩み原因と対策方法!です。口が乾燥すると口臭になるのは口の中に臭いをだす菌が増えるためです。唾液の分泌量が少ないことで舌や口腔内全体に菌が広がるために口から臭いがでやすくなります。どのような対策があるのかお伝えします。
口の中が渇くし口臭がする女性に多い口のトラブル原因と解消方法
口の中が渇くし口臭がする女性に多い口のトラブル原因と解消方法についてです。口が乾燥しやすい女性は多く女性ホルモンやストレスの影響が大きいといえます。口が渇くことで臭い菌が増えるので口臭を発生させるようになりますがその詳細をお伝えしています。
口の中がネバネバする女性に多い原因と対策方法まとめ
口の中がネバネバする女性に多い原因と対策方法まとめについてです。ネバネバするのは菌によるもの唾液の分泌に関わるもの2つに分けることができます。このどちらかが原因でネバネバするはずです。その原因と対策方法をまとめていますので参考にして下さい。
口の中の歯周病が女性に多くなる理由と対策について
口の中の歯周病が女性に多くなる理由と対策についてです。歯科がたくさんあるのに女性に歯周病が多くなるのは女性ホルモンとの深い関係があります。そのため予防やケアが大事な要素になりますがそのケア方法と正しいハミガキと歯磨き粉の選び方などをお伝えします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 口臭チェック 女性の口臭 体臭について